読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽちぽち歩くと下に落ちてる物に気がつくよね

思いついたことを書き留めておく場所なのです。意味はあまりないんじゃないかな

面白かった一人舞台

下北沢ザ・スズナリにて今日から始まった独り舞台
「大谷亮介 男の人生六十年」
縁があっていってきました。
最初は「まぁ元気なおっちゃんの独り舞台かなぁ」と軽い気持ちで2時間捨てれば良いか、って思ってましたが。
いやー、良い。最初の話は正直良く動くけど普通な話でしたが…。二本目、三本目と「ぐっ」と心を掴まれました。
展開、演出、演技すべて良い出来。
ははー、参りました。

終わった後二本目三本目の書いた作家さんと大谷さんのトークショー。
「酒場で口説かれて書きました」とは、2本目を書いたモダンスイマーズの蓬莱竜太さん。
ケーシー高峰を書いてと言われたよ」とは3本目を書いた扉座横内謙介さん。
いやー。お二方とも重鎮。しかもその方々を呑み屋で口説いてしまってこの完成度に仕上げる大谷さん。
すばらしい。

6/1までやってますし当日券もある模様。