読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぽちぽち歩くと下に落ちてる物に気がつくよね

思いついたことを書き留めておく場所なのです。意味はあまりないんじゃないかな

今年の終わりのまとめ。2016年もいろいろありました。

今年はなんのかんのいって、ちょいちょい浮き沈みがありました。

年始からいろいろまた行きました。定番の京都はもとより、徳島、大分、福岡など。海外では久しぶりに台湾も行きました。国内は他にもいろいろといきました。
お仕事といえばプログラムのお仕事と文字の仕事の比率が半分づつくらいかな? プログラム系はswiftがらみが多く文字系は多種多彩な感じで楽しく作業させて貰いました。ありがとうございます。
今年もなんのかんのと鬼籍に入られるかたが多く、まぁ後厄ってそんなところだよなぁ。なんて思いました。あとはほんと会話で病院や薬、マッサージ運動などの健康ネタが増えましたね。これが老いってやつでしょうか。
いつも書いて居ますが、いつあっちにいっても良いように、関わる人には全力で。関わる人には笑顔と小さなツッコミを。という決意を今年もしておりました。

冬コミには今年も5年連続での参加であり、夏に自分の小説の同人誌を作ったのでそれをまた持っていく予定です。( 今はまだ開始前なのです )
さて、来年はどうなりますか。北海道新幹線にはまだ乗れておりません。乗らないとですねぇ。
「shachi」名義の小説も去年でた1,2巻に続き最終の3巻が四月に出ました。
また別の機会を作れてはいませんが、来年はなんとか一冊は出したいなぁ。と。思うところです。

手のひらの露 3 (星海社FICTIONS)

手のひらの露 3 (星海社FICTIONS)

そして、既刊の1,2巻。

手のひらの露 1 (星海社FICTIONS)

手のひらの露 1 (星海社FICTIONS)

手のひらの露 2 (星海社FICTIONS)

手のひらの露 2 (星海社FICTIONS)

今年もいろんな人に沢山迷惑をおかけしました。かけてもかけられても笑っていられるといいなぁ。

今年もいろんな迷惑をかけられましたが、おいらは笑って過ごせました。幸せでした。

そして今年も大好きなこの言葉で閉めさせて頂きます。

「相身互い」

来年もまた今年と同じ様に、またそれ以上に構って頂ければそれに勝る喜びはありません。

皆様。良いお年を。